グアムで不思議なマリア像を見た 前編 - 分類不定気味な日報

分類不定気味な日報 ホーム  »  スポンサー広告 »  グアム関係  »  グアム:怖い話(怪談) »  グアムで不思議なマリア像を見た 前編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グアムで不思議なマリア像を見た 前編

グアムで暮らしていた頃、仲が良くなったチャモロの友人に、

「おまえに見せたい物がある。」と言われ、恋人岬(Two Lovers Point)にほど近い、海辺に連れていかれました。

背丈ほどの草が生えている場所で、その草むらを掻き分けながら、5分位進んで行きました。

すると、急に開けた場所に出ました。

そこは、崖の下の部分が畳六条位の大きさで、草が刈り取られているような場所でした。

崖の岩肌には、人が屈んで入れるくらいの穴が開いており、浅い洞窟のようです。

穴の中と周りはカラフルに飾り付けられ、綺麗な紙が貼り付けられていて、キャンドルなどが立ててありました。

「中に入ってみろ」と友人は言います。

少し屈んで中に入ると、穴の奥に、何か逆向き(上向き)の石で出来たつららのようなモノが見えました。

鍾乳石を思い出しました。

それは、綺麗な布で飾られ、いろんな色の紐のような物を巻かれていました。

「これは、マリア様だ。」と友人は言います。

後編へ続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
にほんブログ村

【関連リンク】

グアムで不思議なマリア像を見た 後編

スポンサーサイト
トラックバック

http://genbusai.blog6.fc2.com/tb.php/12-ea6b8e61

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。