睡眠時無呼吸症候群の治療でCPAPを固定圧機からオート機への変更を断念 - 分類不定気味な日報

分類不定気味な日報 ホーム  »  スポンサー広告 »  健康  »  睡眠時無呼吸症候群(SAS)・CPAP »  睡眠時無呼吸症候群の治療でCPAPを固定圧機からオート機への変更を断念

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠時無呼吸症候群の治療でCPAPを固定圧機からオート機への変更を断念

私は睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療をしており、寝る時にCPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法治療器)という機械をを使用しています。(詳しくはこれらの記事を参照下さい)

この機械は病院からリースされているので月に一回病院へ行きます、そこで一ヶ月間のデータを見て先生の話を聞き、お金(5,000円をちょっと切る位)を払います。

リース機なのでホースやフィルター、マスクは一定期間で新しい物がもらえます、そこが個人輸入機との違いですね。

オートCPAPへの機種変更

受診したある日の事です。

先生「そろそろ固定圧のCPAPにも慣れてきたようなので、オート圧力の機械を試してみましょうか?」

どうやら私が通っている病院では、始めは固定圧機で慣れたらオート圧力のCPAPを試す方針らしいです。

私「はあ、それではお願いします。」

という訳でオートCPAPに交換と相成りました、新しい機械に圧力を設定して持ち帰り、しばらく使ってみる事にしました、新しい機械はRESMED社製で帝人が販売しているオートセットC(AutoSet)という機種でした。

オートCPAPとの相性は・・・

一ヶ月間ほど使ってみた感想としては、残念ながら私の体との相性はよろしくなかった様です、次の受診で圧力を固定に戻してもらいました。

合わなかったポイントとしては

オートCPAPは無呼吸状態を検出して圧力が上がるので、起動してしばらくは圧力が弱いです、私は強い圧力でがっちり気道が開いている感じが好きなのでその時点でNGでした。

ほとんどの人が、初めから空気の圧力が強いと不快で眠りにくいそうです、それを緩和するために固定圧の機械でも圧力が強くなるまでの猶予時間を設定する機能があります、私はすぐ最高圧になって欲しいので使っていません、なのでこれは完全に私の好みに由来する理由での断念ですね。

多くの人がオートCPAPを継続して使っている中、こんな奴もいるのですよ、というお話でございました。

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村
○世界軽量580g初の国産CPAP【予告 楽天ポイント10倍☆29日10時~ ※要エントリー】〔フラン... 【送料無料】 危険ないびきが生活習慣病を招く! 小学館文庫 / 鈴木俊介 【文庫】

【関連リンク】

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 1/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 2/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 3/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 4/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 5/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とCPAPと検査入院初体験の話 前編

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とCPAPと検査入院初体験の話 後編

CPAPと睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状と仕組みの説明 1/2

CPAPと睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状と仕組みの説明 2/2

スポンサーサイト
トラックバック

http://genbusai.blog6.fc2.com/tb.php/134-f9281715

始めてみました。

睡眠時無呼吸症候群の治療レポート

2012-04-14 10:10 | from 無呼吸症候群SAS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。