睡眠時無呼吸症候群(SAS)とCPAPと検査入院初体験の話 前編 - 分類不定気味な日報

分類不定気味な日報 ホーム  »  スポンサー広告 »  健康  »  睡眠時無呼吸症候群(SAS)・CPAP »  睡眠時無呼吸症候群(SAS)とCPAPと検査入院初体験の話 前編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とCPAPと検査入院初体験の話 前編

少し前から、昼間に妙に眠くなったり、日中だるかったり、朝目が覚めた時に疲れが取れていなかったり、と様子が少し変なので、病院に行ってみました。

一通り症状をお医者さんに言い、簡単な検査をしてもらうと、

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の疑いがあるから検査をしてみましょうね」との事。

お医者さんの話ではいわゆる検査入院というもので、一晩ほど病院にお泊りが必要なのだそうです。

検査当日

一週間後に検査入院の予約を入れてドキドキしながら当日を迎えました。

当日は夕方にチェックイン?して会計を済ませた後、検査着に着替えて、肺活量や鼻の通りなどの精密検査をしました。

そして8時頃に、実際にベッドで就寝してみて、睡眠時無呼吸症候群の状態を調べる、データ採取の時間になりました、入院自体ほぼ初めてなので、最高潮に緊張しています。

ちなみに金額は健康保険を使って3万円位でした、宿泊料の1万円が入っているとはいえ結構お高いのですねぇ。

検査準備

寝る前に体中に電極を取り付けました。

特に頭に電極を取り付ける時は、砂が入ったクリームみたいな物を頭にすり込まれるのですが、これがとても気持ち悪かったのです。

指には血液の酸素量をはかるセンサーを取り付けられ、改造手術を受ける仮面ライダーのような容貌になって、9時位の消灯を迎えました。

後編へ続きます。

【関連リンク】

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とCPAPと検査入院初体験の話 後編

CPAPと睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状と仕組みの説明 1/2

CPAPと睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状と仕組みの説明 2/2

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 1/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 2/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 3/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 4/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 5/5

○世界軽量580g初の国産CPAP【予告 楽天ポイント10倍☆29日10時~ ※要エントリー】〔フラン... 睡眠時無呼吸症候群がわかる本
スポンサーサイト
トラックバック

http://genbusai.blog6.fc2.com/tb.php/14-a9bebcc2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。