牛抱せん夏さんの怪談ライブ~華の章~第三夜を浅草雷門区民館で観覧 - 分類不定気味な日報

分類不定気味な日報 ホーム  »  スポンサー広告 »  日記・つぶやき・雑感  »  雑感:サブカル系 »  牛抱せん夏さんの怪談ライブ~華の章~第三夜を浅草雷門区民館で観覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛抱せん夏さんの怪談ライブ~華の章~第三夜を浅草雷門区民館で観覧

5月27日の日曜日に「せん夏怪談 ~華の章~ 第三夜」に行って参りました、せん夏怪談の第二章が始まって初めての観覧です、第二夜は三社祭の練習の音が聞こえてきて集中できなかったとオカラジで言われていましたが、今回は祭りも終わったのでいつもの酔っぱらいの歓声だけであとは静かなものでした。

いつもは土曜日開催なのですが今回は日曜日開催、加えてスカイツリーがオープンした影響もあってか浅草は人が多かったです、去年の今頃は震災の影響で外国人が減っていたせいもありガラガラでした。

会場はいつもの浅草雷門区民館というレトロな区民館の2階、畳敷きの大部屋です。

区民館に到着すると、いつもなら入り口にチラシが貼ってあるのに今回は何もありません、区民館の予定表にも載っていないので日付を間違えたのかと思いましたが2階に上がると受付がありました。

受付で1,000円を払って会場に入ると、去年は後ろ1列しかなかった楽ちん座椅子席が増席されていました、これは正座苦手な私には嬉しかったです、細かい部分で去年よりバージョンアップがされています。

開演を待っていると人がどんどん入ってきます、去年よりかなり観客が多く開演間近では満員御礼になっていました。

華の章、開演

去年は牛抱せん夏さんの開演の挨拶から始まったのですが今回は趣向が違い、せん夏さんとゲストの方(呪淋陀さんとギララ千花さん)の怪談朗読から始まりました。

古典の怪談を演出を凝らして朗読していました、それが終わるとゲストの怪談の始まりです。

去年は一人一人が座って怪談を語る、落語のスタイルで統一されていましたが今回はゲスト二人が縁側に座って話をしている様なスタイルで進行していました。

ギララ千花さんはやはり怪獣にまつわる怪談を語っていました、ちょっと泣ける話でした。

牛抱せん夏さん登場

ゲストの怪談が終わり、休憩の後せん夏さんの登場です。

印象に残ったのはロケで行った某心霊スポットにまつわる話です、その心霊スポットには私も学生時代に何回か行った事がありまして、話に感情移入しまくりました、確かにあそこは半端無く怖かった。

千秋楽は花やしき

怪談ライブが終わった後の挨拶で、この怪談ライブの千秋楽の案内がありました、9月1日(土曜日)になんと浅草花やしきで開催するそうです、夜の遊園地というシチュエーションだけでテンションがかなり上がりますが、そこで怪談とは・・・是非予定を空けて行きたいものです。

これからもいろんな演出で怪談を聞かせてくれるそうです、少しでも興味が湧いた方は是非どうぞ、ちなみに次回の第四夜は6月16日の土曜日に今回と同じ浅草雷門区民館で開催されますよ。

ある漢の言葉

~怪談は少しのお金と少しの勇気で、もっと楽しめます~ by いたこ28号氏
にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

【関連リンク】

牛抱せん夏さんの怪談ライブ千秋楽を浅草木馬亭で観覧

牛抱せん夏さんの怪談ライブ第七夜で涼を取った件

牛抱せん夏さんの怪談ライブ第六夜を浅草雷門区民館で観覧

牛抱せん夏さんの怪談ライブ第五夜を浅草雷門区民館で観覧

牛抱せん夏さんの怪談ライブ第四夜を夜の浅草で観覧

牛抱せん夏さんの怪談ライブ第三夜を夜の浅草で観覧

牛抱せん夏さんの怪談ライブ一回目を浅草雷門区民館で観覧

牛抱せん夏~千年之夢~

山口敏太郎の妖怪・都市伝説・UMAワールド「ブログ妖怪王」

東京怪奇大学 呪淋陀(じゅりんだ)のオカスピブログ

怪談あっちの世界ゾーン-怖い話からお笑いまで-

スポンサーサイト
トラックバック

http://genbusai.blog6.fc2.com/tb.php/141-6186060b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。