タウリン(Taurine)サプリメントの特徴や効果をまとめました - 分類不定気味な日報

分類不定気味な日報 ホーム  »  スポンサー広告 »  日記・つぶやき・雑感 »  タウリン(Taurine)サプリメントの特徴や効果をまとめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タウリン(Taurine)サプリメントの特徴や効果をまとめました

私は最近タウリン(Taurine)のサプリメントを飲んでいます。

よく栄養ドリンク剤なんかに、「タウリン1000mg配合!」とかありますよね、このタウリンって何だろうと思って調べてみたら、かなり私に合っている効能だったのですが、毎日ドリンク剤は摂りたくない!お金もかかるし第一糖分が多すぎて毎日飲んでたら他の病気にかかりそうな気がします。

なのでタウリンのサプリメント探したのですが、大正製薬が「タウリン散」というものを医薬品として出しているせいか日本ではタウリンだけを精製したサプリメントがありませんでした。

日本にはなかったので、サプリメント超大国のアメリカで探したらありました、何種類も、そこから取り寄せたタウリンサプリメントを今は飲んでいます、相変わらずアメリカのサプリメントなので1錠がデカイのですがなんとか水で流し込んで飲んでいます、用量は書いていないのでとりあえず1回に某栄養ドリンク剤と同じ1000mg分飲んでいます。

タウリンとはどのようなものか羅列してみます。

タウリンとは何か?・・・
  • アミノエチルスルホン酸とも呼ばれる
  • 生体内で重要な働きをする分子
  • アミノ酸の仲間と言われる事があるがそうではない
  • 名前の由来はラテン語で雄牛を意味するtaurus

タウリンの特徴・・・
  • 人の体内のタウリンの総量は、体重60kgの人間で60g程度
  • 人間の心臓に多く含まれる、次いで含まれるのは筋肉、肝臓、腎臓、肺、脳など
  • 軟体動物、特に頭足類(タコやイカ)に多く含まれる
  • 貝類(カキなど)や魚の血合いなどにも多く含まれる
  • 猫はタウリンを体内で合成できないため、猫にとっては重要な栄養素
  • 人はメチオニンやシステインなどの硫黄を含むアミノ酸(含硫アミノ酸)からタウリンを合成できる
  • 天然抽出物は食品添加物としての使用が認められている
  • 育児用の粉ミルクにも添加されている
  • 人間が1日の食事から摂取できる量は50mg~300mg程度

タウリンの効果・・・
  • ホメオスタシスがある、例として血圧上昇に対する下降作用など ※ホメオスタシスとは「身体や細胞を正常な状態に戻そうとする作用」のこと
  • 肝臓に働きかける作用を持つ
  • 胆汁酸の分泌を促成して肝臓の働きを促す
  • 胆汁酸の分泌が増える事による血液中のコレステロール値を下げる
  • 肝細胞の再生を促進
  • 細胞膜の安定化
  • インスリン(インシュリン)分泌の促進による糖尿病の予防
  • 肝臓内の中性脂肪を取り除き、肝臓から脂肪を外に排出
  • 交感神経を抑制して血圧を下げる
  • 心筋の収縮力を高めることにより血流量を増やし、うっ血性心不全を予防
  • 胆汁酸の分泌促進によりコレステロール胆石を溶解
  • コレステロール排泄を促進し、善玉コレステロールを増加
  • 小腸のぜん動運動を促進し、内容物のスムーズな移動を助け、腸内環境を維持
  • 気道収縮を予防することにより気管支喘息を改善
  • 新生児の脳の発育を促進

タウリンの1日の摂取量に関しては資料によってまちまちでした、3,000mg~6,000mgが必要とされていると言っている所もありますし、700mg~800mg程だと言っている所もありますし、500mgでよいと言っている所もあります、最低1,000mgは欲しいという記述も・・・よく分からないので私は1,000mgで様子を見てみることにします。

・・・並べてみると、すごい効能ばっかりじゃないですか・・・何でもありな感がありますね・・・と言う事で前回紹介したレシチンサプリメントと一緒に、タウリンサプリメントも飲み続けているのですが、効果はいかに。

スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://genbusai.blog6.fc2.com/tb.php/145-56a9558f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。