睡眠時無呼吸症候群(SAS)とCPAPと検査入院初体験の話 後編 - 分類不定気味な日報

分類不定気味な日報 ホーム  »  スポンサー広告 »  健康  »  睡眠時無呼吸症候群(SAS)・CPAP »  睡眠時無呼吸症候群(SAS)とCPAPと検査入院初体験の話 後編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とCPAPと検査入院初体験の話 後編

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とCPAPと検査入院初体験の話 前編からの続きです。

電気が消えても、やはり緊張してなかなか眠れません・・・ベッド(ウチふとんだし・・・)も、枕も違うし・・・やっぱムリ。

眠れない・・・

特に顔面についている電極の違和感がすさまじいです。

寝返り打っても大丈夫だよー、なんて言われましたが、電極が取れそうで気が気ではなかったです。

寝返りは打ちませんでしたが、その代わり足は曲げたり伸ばしたり動かしまくりました。

横になって目を閉じながら、

「あぁ、このままデータが取れなかったら、3万もったいないなぁぁ。」

なぞとセコいことを考えていると、余計目が冴えてきます、完璧ドツボにはまってますね、寝れないループです。

寝たふりをして、いびきでもかいてみようか、とも思い、少し試してみましたが、本末転倒だし、途中ですごくバカらしくなってきたのですぐやめました。

後で聞かされましたが、脳波をチェックしているので、寝たふりはバレバレだそうですよ。

CPAP初装着

そのうち、寝付けないままに夜中に起こされ、CPAPという空気で気道を拡げる機械を付けて、睡眠導入剤を服用して再度眠ります、この時に機械の圧力を決めるそうです。

薬のおかげか、今度は少々眠ることが出来ました、そして朝になり起こされて検査終了です。

検査前半は全く眠れていないと自分では思ってたのですが、実際は何時間か落ちていたらしく、データは取れるそうです、良かった良かった。

CPAPという機械の設定も終わり、その日に持って帰りました。

これで昼間の眠気が無くなるのか?モノスゴク楽しみです。

【関連リンク】

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とCPAPと検査入院初体験の話 前編

CPAPと睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状と仕組みの説明 1/2

CPAPと睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状と仕組みの説明 2/2

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 1/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 2/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 3/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 4/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 5/5

○世界軽量580g初の国産CPAP【予告 楽天ポイント10倍☆29日10時~ ※要エントリー】〔フラン... 意外とこわい睡眠時無呼吸症候群
スポンサーサイト
トラックバック

http://genbusai.blog6.fc2.com/tb.php/15-227dbcd2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。