睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 2/5 - 分類不定気味な日報

分類不定気味な日報 ホーム  »  スポンサー広告 »  健康  »  睡眠時無呼吸症候群(SAS)・CPAP »  睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 2/5

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 2/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 1/5 からの続きです。

このマシン(スリープメイトS8)は、決められた圧力の空気を一定に送り続ける仕様になっている、「固定」というタイプです。

他にも、圧力の最高値を設定しておくと、使用者の呼吸状態をセンサーで感知し、自動的に最適な圧力で空気を送り出す、「オート」というタイプもあります。

初心者は「固定」が良いと小耳に挟んだので、私は固定機をチョイスしました。

この圧力の数値は、私があまり眠れなくて困った、あの検査入院で行った「睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)」で決定されたものです。

医師が指示して機械の設定を変更しますので、患者は自由に変えられないようです。

説明書には「スリープメイトS8」と書いてあります、なるほど、確かにスリープのメイトです、今後ともひとつヨロシク。

「帝人ファーマ」の名前が入っていますが、製造しているのはオーストラリアの「ResMed社」という会社の様です。

マスクはいくつかタイプがあって、私が最初にもらったのは、鼻をスッポリ包み込むタイプでした。

マスク本体は、透明なプラスチックで出来ていて、顔に接する所はシリコン製で軟らかいです。

cpap-02-01.jpg

そのマスクを顔に当て、ヘッドギアで取れないように固定します。

おでこの高さと鼻の高さの所、2点を鉢巻みたいに後ろで留めるヘッドギアです、口はフリーに動かせます。

cpap-02-02.jpg

cpap-02-03.jpg

cpap-02-04.jpg

マスクとヘッドギアは本体と同じ帝人ファーマ(ResMed社)製の「ミラージュアクティバライト(Mirage Activa LT)」という製品です。

続きます。

【関連リンク】

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 1/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 3/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 4/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療でCPAPを装着してみた感想 5/5

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とCPAPと検査入院初体験の話 前編

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とCPAPと検査入院初体験の話 後編

CPAPと睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状と仕組みの説明 1/2

CPAPと睡眠時無呼吸症候群(SAS)の症状と仕組みの説明 2/2

チェアーサイドの睡眠時無呼吸症候群ガイドブック ○世界軽量580g初の国産CPAP【予告 楽天ポイント10倍☆29日10時~ ※要エントリー】〔フラン...
スポンサーサイト
トラックバック

http://genbusai.blog6.fc2.com/tb.php/34-b3343709

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。