難易度低めの国家試験ITパスポート試験体験談09 解説4 - 分類不定気味な日報

分類不定気味な日報 ホーム  »  スポンサー広告 »  資格・免許  »  ITパスポート試験 »  難易度低めの国家試験ITパスポート試験体験談09 解説4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難易度低めの国家試験ITパスポート試験体験談09 解説4

難易度低めの国家試験ITパスポート試験体験談08 解説3からの続きです。

■マネジメント系 1/1

●問31 サービスデスクがシステムの利用者から障害の連絡を受けた際の対応として、インシデント管理の観点から適切なものはどれか。

ア 再発防止を目的とした根本的解決を、復旧に優先して実施する。

イ システム利用者の業務の継続を優先し、既知の回避策があれば、まずそれを伝える。

ウ 障害対処の進捗状況の報告は、連絡を受けた先だけに対して行う。

エ 障害の程度や内容を判断し、適切な連絡先を紹介する。

※「インシデント」とは、トラブルの方の「問題」みたいな意味ですね、私がサービスデスクだったら「イ」の行動をとると思うので、答えは「イ」、ほかはちょっと違う気がします。

●問34 プロジェクトを管理する上で、プロジェクトマネージャが考慮すべき制約条件の組合せとして、適切なものはどれか。

ア 対象範囲、納期、予算

イ 対象範囲、納期、リスク

ウ 対象範囲、予算、リスク

エ 納期、予算、リスク

※うーん、プロジェクトマネージャたるもの、「予算」と「納期」の管理は必須でしょう、残るは「リスク」か「対象範囲」です、よく考えると「対象範囲」決めないと始まらないので、これは「ア」。

●問35 SLAに含めることが適切な項目はどれか。

ア サーバの性能

イ サービス提供時間帯

ウ システムの運用コスト

エ 新規サービスの追加手順

※SLA(Service Level Agreement : サービスレベル合意書)とは、サービスの範囲と品質を取り決めたモノです、よって提供範囲について書いてある「イ」ですね。

●問41 プロジェクト立上げ時に、プロジェクトの活動を総合的に管理及び調整するために、プロジェクト憲章を定める。プロジェクト憲章に盛り込むべき内容として、適切なものはどれか。

ア スケジュール

イ 体制

ウ 品質マネジメント計画

エ プロジェクトの目的

※「プロジェクト憲章」という単語は初めて見ましたが、「憲章」と言うくらいなので、まず目的を決めないと始まらないので、「エ」ですね。

●問43 新しい業務ソフトウェアの開発が完了し、実環境へ導入することになった。当該ソフトウェアの導入時に必要な作業として、適切なものはどれか。

ア 業務実施状況監視やバッチ処理投入などに必要な運用コストの見積り

イ ディスク容量など、必要なハードウェア資源の確保

ウ 当該ソフトウェアで実現する機能の決定

エ 当該ソフトウェアの開発工数の見積り

※これは「イ」以外は、もっと前の段階でやってないといけないことですね、導入時にはやってちゃダメでしょう、これは「イ」ですね。

続きます。

【関連リンク】

『ITパスポート試験』紹介ページ

『IPA(独立行政法人情報処理推進機構)』公式ページ

難易度低めの国家試験ITパスポート試験体験談01 準備1

難易度低めの国家試験ITパスポート試験体験談02 準備2

難易度低めの国家試験ITパスポート試験体験談03 申込

難易度低めの国家試験ITパスポート試験体験談04 勉強

難易度低めの国家試験ITパスポート試験体験談05 受験

難易度低めの国家試験ITパスポート試験体験談06 解説1

難易度低めの国家試験ITパスポート試験体験談07 解説2

難易度低めの国家試験ITパスポート試験体験談08 解説3

難易度低めの国家試験ITパスポート試験体験談10 解説5

難易度低めの国家試験ITパスポート試験体験談11 解説6

難易度低めの国家試験ITパスポート試験体験談12 解説7

難易度低めの国家試験ITパスポート試験体験談13 結果報告

media5 教えて ITパスポート試験 誰でもわかるITパスポート
スポンサーサイト
トラックバック

http://genbusai.blog6.fc2.com/tb.php/50-226807c7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。