グアムで遭遇した怪人の正体が学研ムーに出ていた件 - 分類不定気味な日報

分類不定気味な日報 ホーム  »  スポンサー広告 »  グアム関係  »  グアム:怖い話(怪談) »  グアムで遭遇した怪人の正体が学研ムーに出ていた件

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グアムで遭遇した怪人の正体が学研ムーに出ていた件

前に投稿した「グアムのアパートで体験した怪談 前編」、この記事で、グアムで初めて住んだアパートの入居初日に妖怪?と会った話を投稿したのですが、思わぬところから追加情報が出てきました、ついでに正体が判ったかも知れません!

以前に投稿した記事にも書いてありますが、私が会った奴の特徴は、「子供」で「目に白目がなくて、真っ黒になった」事です、どうやら、それと同じ事例がアメリカでは頻繁に起こっている様なのです!とある確かな筋からの情報なので、ガセではない(はず)です。

記事タイトルに書いてあるのでお気づきかとは思いますが、確かな筋のネタ元はオカルト好きの愛読誌、世間の逆風にもめげずに発行を続けるセンス・オブ・ワンダーの長寿雑誌「学研ムー」でございます。

先週の日曜日、近所に新しくできた理容室に散髪をしに行った折、待合室で発見、「ムーってまだあるんだー。」などと懐かしく思いながらパラパラとめくっていると、興味深い記事がありました。

記事のタイトルは「BEK――黒い目をもつ“新人類”現る!!」さすがムー、オカルト好きのハートをグッと掴んで離さないタイトルを付けてきます、思わず散髪が終わった後に近くの本屋へ行き、「学研ムー」の最新刊(7月号)を購入したのでした。

記事によると、現在アメリカ本土では黒い目をした挙動不審な人物と遭遇する事例が多発しており、ネット掲示板のオカルトカテゴリを賑わしているそうです、出現するその怪人は圧倒的に少年であることが多く、BEK(Black Eyes Kid - 黒い目の少年たち)と呼ばれています、正直挿絵がすごく怖いです。

BEKの特徴について

BEKの特徴として、以下の様なモノがあるそうです(出典:学研ムー)

・白目の部分が全くなくて目が全て黒い(そりゃそうだ)

・複数人で出現する事が多い(寂しがり屋)

・唐突に家や乗っている車に訪問してきて、「水を飲ませてくれ」や「家まで送ってくれ」などと何かと理由をつけて中に入りたがる

・渋ってなかなか家や車に入れないと(そりゃ普通はそうでしょう)、だんだんイライラした態度を取ってくる

・あまり渋っていると、脅迫するような態度をとってくる奴もいる(礼儀知らず)

・対応した人間の許可がないと、絶対に家や車に入ってこない、どうやら入れないらしい、そのもどかしさから、イライラした態度をとるのかも?(なぜかそこは律儀)

不気味なので家や車の中に入れた事例はあまり無いようですが、入れたらどうなるのでしょう?

BEKの正体について

一応、BEKの正体みたいなものも議論されていて、いくつかの説が出ています。

・カラーコンタクトを付けた、子供のイタズラ説

・麻薬の常用で瞳孔が広がったジャンキーを見間違えたよ説(瞳孔がいくら広がっても、元の黒目以上にでかくなるわけがないので、信ぴょう性薄し)

・宇宙人(異星人)説、理由は黒い目がグレイタイプの宇宙人に似ているから(アメリカ人はグレイタイプエイリアンが大好き!)

・異星人と人間のハイブリット説(SFの見過ぎです)

・異次元人説(なんじゃそりゃ、次元は超えられるのに、人の家の玄関は超えられないのか!?)

・悪霊説

・堕天使説

・悪魔説

・天狗説

・河童説 などなど・・・

しかし記事を読んでみても、私の会った奴との共通点は目が黒い事だけですね・・・、私の遭遇したヤツは、エキセントリック過ぎてかえって怖くなかったです、ムーの記事の挿絵や写真の方がよっぽど怖いです。

ちなみに、日本のあれ業界の人がよく言っているのは、「幽霊の目が真っ黒の時は気をつけろ!、それは霊が悪霊化しているから!」というのを時々聞きます、本当かどうかはサッパリワカリマセンが。

一応決め台詞を言っておきます「信じるか信じないかは、あなた次第です・・・。」(これって都市伝説の決め台詞でしたっけ?スイマセン)

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
にほんブログ村

【関連リンク】

学研ムー

世紀末オカルト学院公式ページ

グアムのアパートで体験した怪談 前編 - 分類不定気味な日報

グアムのアパートで体験した怪談 後編 - 分類不定気味な日報

グアムのアパートで体験した怪談 後日談 - 分類不定気味な日報

ムー 2010年 07月号 [雑誌] 預言石板の謎と日本ムー文明
スポンサーサイト
トラックバック

http://genbusai.blog6.fc2.com/tb.php/57-4b2dbf87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。