グアム(アメリカ)での仕事や生活で使う規格や単位の憂鬱2/3 - 分類不定気味な日報

分類不定気味な日報 ホーム  »  スポンサー広告 »  グアム関係  »  グアム:規格・単位 »  グアム(アメリカ)での仕事や生活で使う規格や単位の憂鬱2/3

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グアム(アメリカ)での仕事や生活で使う規格や単位の憂鬱2/3

グアム(アメリカ)での仕事や生活で使う規格や単位の憂鬱1/3からの続きです。

計算機を使う分にはいいんですが、まぁ、それでも12インチ=1フィートってのを忘れて最初の頃は間違いましたが。

問題は暗算をするときです、10進法の時より明らかに時間がかかります、その上に答えに自信が無くて結局電卓で計算し直したりします。

そのインチ以下の長さの決め方も解りにくいです。

1インチを半分にしてハーフインチ、その半分、そのまた半分、としていき32分の1まで定規に目盛りが入ってたりします。

これまた計算しづらい決め方です、仕事で長さの計算を使うので、悩まされました。

グアムで、「グーグルスケッチアップ(Google SketchUp)」という3次元CADソフトのようなモノを使っていました、このソフトは、線の長さなどがリアルタイムで表示されるのですが、それも分数表示で、線を伸ばす度に分数がカチャカチャ切り替わるので見づらく、分かりづらかったです。

何回もメートル表記に設定を変えようかと思いましたが、インチに慣れるために我慢しました。

1フィートが3つ集まると1ヤード(yard, yd)という単位に変わります、なぜ3つなのでしょう。

そういうもんだ、と言われればそれまでですけど・・・。

不思議なのは結構長めの距離の表記でも、ヤードではなくフィートが採用されている事です。

自動車免許の勉強の時もフィート表記ばかりでした「200フィート手前から」という様に、何か基準でもあるのでしょうか?

グアムに来た最初の頃は、フィートやインチの感覚が分かりにくかったため、メートルやセンチに直して計算していました。

ですがそれだといつまで経っても感覚が掴めないので、途中で換算やめました。

続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
にほんブログ村

【関連リンク】

グアム(アメリカ)での仕事や生活で使う規格や単位の憂鬱1/3

グアム(アメリカ)での仕事や生活で使う規格や単位の憂鬱3/3

アメリカや米領で日常的に使う規格・単位表(長さ・重さ)

アメリカや米領で日常的に使う規格・単位表(容積・面積)

アメリカや米領で日常的に使う規格・単位表(用紙・角材)

覇権国アメリカの終焉 このまま「アメリカ型」社会を目指して本当に幸せになれるのか?
スポンサーサイト
トラックバック

http://genbusai.blog6.fc2.com/tb.php/59-a1718924

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。